万歩計 トップ 散策点描 目次   全国目次        ページ ラスト 


万歩計



(Since H14-10-28)


万歩計サイト内散策
検索方法はyahoo検索やgoogle検索と同じです。
結果は別タブに表示されます。

目次









掲示板(一言どうぞ)


九州(博多、太宰府、熊本、宮崎、高千穂)

見出し    



見出しに戻る
 
  冬の博多、大宰府、熊本散策(H20-02-10〜11) 
  宮崎散策(青島、高千穂)(H19−10−06〜07)



 冬の博多、大宰府、熊本散策(H20-02-10〜11)
 博多駅から、櫛田神社(博多祇園山笠)、キャナルシティ、中洲、天神、太宰府天滿宮、福岡城址、大濠公園、敵国降伏の亀山上皇宸筆がある筥崎宮、夜の中洲、熊本市内、築城400年祭の熊本城までウォーキング。
 次々に山笠が入ってくる博多の総鎮守である櫛田神社は意外と狭い。表裏で違う場面の飾り山笠は見事なだけでなく、このように高いものを高速で走って倒れないものだと感心する。平成8年にオープンし、地下1階に運河(キャナル)とも言えない小川を設けたキャナルシティは、往時の賑やかさは無くなっているものの、博多の観光地の一つである。那珂川に沿って中洲を北上、明治通りに出て天神まで西進する。
 天神コアの反対側の西鉄福岡(天神)駅から神社風の造りの西鉄太宰府駅に着く。観光客だけでなく、受験生で混雑する表参道は名物の梅ヶ餅の香ばしい香りが漂う。本殿脇には飛梅の故事に因む白梅があり、揃いの法被を着た受験生がお祓いを受けている。
 福岡城は小早川隆景が築いた城を、藩祖黒田長政が現在地に移し、築城したものである。撤去工事が進む平和台球場跡の傍から入り、鴻臚館跡を経て、紅白の梅がきれいに咲く二の丸から、祈念櫓のある本丸跡に登る。平和台陸上競技場、黒田節で有名な母里太兵衛旧邸長屋門、潮見櫓を経て、明治通りに出て左折、大濠公園に向う。敷地としては広大ではあるが、石垣のある公園を散策する趣である。 
 福岡城の西に続く大濠公園はいわば大きな池であり、大池公園のほうが実態を表している。池の中央にはいくつかの島があり、岸からは観月橋で渡ることが出来る。
 熊本城は、南西の櫨(はぜ)方門から、飯田丸五階櫓、二様の石垣、熊本城天守閣、宇土櫓、本丸御殿大広間、平櫓、肥後六花園、熊本城稲荷神社まで歩く。宇土櫓は、西南の役にも焼けず、低い天上に頭をぶつけ、急な階段は手すりなしには登れないが、最上階からの景色は素晴らしい。小西行長の宇土城天守閣移設との巷説は誤りとのことである。天守閣は再建されたもので、工事のため最上階まで行けず、熊本城に関する展示館になっている。
 宮崎散策(青島、高千穂)(H19−10−06〜07)
 台湾を直撃した超大型台風15号の影響で空はどんよりとし、小雨がぱらつくあいにくの天気だった。十数年ぶりに訪れた青島は、人が造った石垣かと思う鬼の洗濯岩、ビンロー樹の林の中の青島神社が見事である。鬼の洗濯岩は規則的に堆積した砂岩と泥岩が侵食されて出来たものである。
 特急にちりんシーガイアで1時間北上、高千穂観光の入口で、旭化成の企業城下町である延岡に着く。レンタカーで日之影バイパスを西進、「地の駅」がある青雲橋は川の水面から137mあり、圧巻である。
 天岩戸を開けた手力男命の像がある天岩戸神社は皇族手植えの木々が並ぶ。高千穂宮の神楽殿では毎晩観光用の夜神楽が演じられる。高千穂といえば、真名井滝と言われるほどの観光スポットだが、駐車場も、名物のボートに乗るのも大混雑である。高千穂峡に付けられた歩道も混雑しているが、真名井滝を色々な角度で見ることが出来る。
 工都延岡のランドマークであるベンベルグ工場の大煙突、旭化成支社本館を回った後、宮崎空港に着く。昨今話題の地鶏の炭火焼は人気が上がると味が落ちるの法則どおりで、空港の魚山亭はかっての美味しさが無くなっていた。
 
万歩計 トップ 散策点描 目次   全国目次        ページ トップ